​第7回 学術集会について

テーマ:「今日は治らぬ病を

      明日は治せるように!」
会期:2021年12月11日(土)〜12日(日)
会場:京都大学 百周年時計台記念館
大会長:京都大学 大学院医学研究科 形態形成機構学

             教授 萩原 正敏
主催事務局・問い合わせ先

第7回日本筋学会学術集会 運営事務局
E-mail: jms2021@symposium-hp.jp

​学術集会HPへ

日本筋学会とは?

​社会的・学問的ニーズに対応するために2015年の2月に誕生した組織です。歴史ある日本の筋の基礎研究を発展さて、また様々な筋疾患を克服するために、学際的な組織運営を行っております。筋研究に関心のある方、始めたい方はご入会頂き、研究の発展・ネットワーク形成にご活用ください。詳細は、本ホームページの設立趣意書をご覧ください。​随時会員の募集を行っておりますので、下の詳細をご覧ください。

新着情報

2021年5月1日

International Journal of Molecular Sciences において,Special Issue "Myogenesis and Muscular Disorders" を藤田医科大学の土田邦博先生と大阪大学の深田宗一朗先生が編集されます。ご興味のある方は,総説,論文の投稿先としてお考えください。リンク先

2021年4月16日

Frontiers in Myogenesis Conference 2021のお知らせ(Conference HPへ

​理事の朝倉 淳先生のご講演もあります。

2021年4月5日

第7回日本筋学会学術集会のHPが開設されました。(学術集会HPへ

2021年2月1日

日本筋学会奨励賞候補者募集のお知らせ

2021年度(第1回)日本筋学会奨励賞候補者の選考を開始します。日本筋学会奨励賞(Japan Muscle Society, JMS Prize for Outstanding Mid-Career Myologist)は、筋生物学、筋疾患学、および運動器疾患等の分野において筋学会の趣意に適う優れた成果を挙げ、今後の研究の発展および筋学会への貢献が期待される者を顕彰する目的で2021年度から設置されました。この度、以下の募集要項の通り、奨励賞候補者の選考を開始します。選考は奨励賞選考委員会にて行い、受賞者は理事会にて決定後、学術集会で発表する予定です。「募集要項」「申請様式」は以下のダウンロードをそれぞれクリックしてください。

募集要項ダウンロード

申請様式ダウンロード

2020年11月12日

日本新薬から若手研究者に対する研究助成のおしらせ

若手研究者を対象した,筋ジストロフィーを中心とする遺伝性筋疾患領域の基礎研究に対する研究助成の公募があります。詳細はHPをご参照ください。

https://www.nippon-shinyaku.co.jp/research_support/

2020年9月3日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)からのお知らせ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、2020年度国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」利用テーマとして、下記の4つの募集を開始しました。詳細は各URLをご参照ください。

1.募集対象:

■「きぼう」利用にかかわるテーマ募集■

1)フィジビリティスタディ(FS)テーマ募集(募集案内はこちら

(1) 国の戦略的研究募集区分:

国の戦略的施策に沿った課題解決型のISS・「きぼう」船内利用研究として、「きぼう」を使ったヒトの健康長寿に関連する研究を募集します。

·           具体的には、健康な個体でも急速に骨量・筋量の減少等が現れる「きぼう」の環境(地上の

高齢者に類似した生物影響が急速に現れる環境)を利用して生命情報を取得し、地上の

加齢に関する生命情報との相関関係を見出すことによって、ヒトの加齢に伴う疾患対策の

立案等のアウトカムが期待される研究。

(2) 一般募集(自由な発想に基づく船内利用研究):

ISS/「きぼう」船内の環境を利用する意義・必然性のある研究で、実験資源および技術的な観点

からの実現性検討を行う以下の分野の研究を募集します。

·           物質・物理科学分野

·           生命医科学分野

·           有人宇宙技術分野(超長期有人宇宙滞在・探査技術の獲得を目指した技術実証など)

 

2)マウス特定解析課題テーマ募集(募集案内はこちら

「きぼう」でのマウス飼育ミッションで取得された映像データと、帰還後に取得された精子サンプルを

利用した、今後の有人宇宙探査等に向けた研究提案を募集します。

 

3)マウスサンプルシェアテーマ募集(募集案内はこちら

過去の「きぼう」でのマウス飼育ミッションで得られた未解析組織(精子サンプルを除く、36種類の

臓器組織サンプル)を用いた、微小重力の影響評価等に関する研究提案を募集します。

 

4)静電浮遊炉(ELF)を用いた材料研究テーマ募集(募集案内はこちら

「きぼう」の静電浮遊炉(ELF)を利用して実施する、材料の熱物性値(粘性、密度、表面張力)

の取得や新材料創成を目的とした実験提案を募集します。

 

微小重力等の「きぼう」の特徴を活かして国の戦略的研究や科学技術の発展等に貢献できる

研究アイデアをお持ちの方、本格的な宇宙実験提案の前に微小重力影響サンプルを用いて

評価・解析を実施したい方、地上で困難な熱物性データ取得に関心のある方は、ぜひ応募を

ご検討ください。

 

2. 募集の締切:

2020年9月30日(水)正午(日本時間)

 

3. 募集説明会(セミナーライブ配信):

9/4に開催(詳細はこちら

各募集に関する説明、個別の利用相談を、「きぼう」利用に関する取り組みやその成果の説明

を含め実施いたします。また、募集期間中はメールでの問い合わせにも随時対応しています。

 

4. 問い合わせ先:

一般財団法人 日本宇宙フォーラム(JSF)宇宙利用事業部

「きぼう」利用テーマ 募集係

E-mail: kiboexp@jsforum.or.jp

2020年7月21日【注意喚起】

日本筋学会 会員各位

 

最近、JAPANMUSCLESOCIETY.COMという名でinfo@receiptregistration.comのアドレスから

メールが届くという報告が学会本部に届いております。

本学会とは関係のないスパムメールですので、決して記載のURLにアクセスすることのないようにお願いいたします。

2020年6月18日

Applied science誌で骨格筋のエピゲノム研究を主題とした特集号(Special issue)が立ち上がり、骨格筋のエピゲノム研究に関する論文が募集されています。

https://www.mdpi.com/journal/applsci/special_issues/Epigenome_Analysis_Muscle_Cells

2019年11月15日

第6回 日本筋学会学術集会のHPを公開しました。(延期のお知らせ 更新)

https://www.med.nagoya-u.ac.jp/neurogenetics/myology2020

学会員の皆様へ

・会員登録情報に変更が生じた場合には以下のサイトより、変更手続きを行ってください。

・骨格筋学会の公式ホームページにて研究室紹介・人材募集等を掲載致します。​学会員年数3年以上の方でご希望の会員の方は、下記アドレスまでご連絡下さい。

​照会先:sec-jms@asas-mail.jp

人材募集・バナー募集

公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構 老化機構研究部 研究員募集中

詳細

骨格筋学会の公式ホームページに掲載するバナー広告を募集しております。

​照会先:sec-jms@asas-mail.

情報公開
​関連国内・海外学会
おすすめ図書
スクリーンショット 2018-12-11 16.08.13のコピー
スクリーンショット 2018-12-11 16.08.13のコピー

スクリーンショット 2018-12-11 16.08.13のコピー
スクリーンショット 2018-12-11 16.08.13のコピー

1/1
骨格筋関連研究室紹介